この番組の公開は終了しました

全編放送『人喰い!カンニバル・マン 精肉男の殺人記録』

視聴数569
2017年6月10日(土) -

今夜も生放送で映画を全編LIVEで観ちゃおう!
高橋裕之のシネマ最新情報もあるよ!
俳優の稲森誠氏も加わって超パワフルになったぞ!!

カンニバル・マン 精肉男の殺人記録
原題:Cannibal Man
概要:カラー/モノラル
収録時間:98分
仕様:片面一層/ワイド(16:9)/モノラル 英語/日本語字幕/リージョン ALL/トールケース
制作年:1972
制作国:アメリカ再編集版
シャンル:ホラー
監督:エロア・デ・ラ・ラジレスシア
脚本:エロア・デ・ラ・ラジレスシア/ディック・ランドール
撮影:ラウル・アーティゴッチ
音楽:フェルナンド・ゴリア・モロリーオ
出演:ヴィセンテ・パラ/エマ・コーエン/ユウセビオ・ポンセラ/チャリー・ブラボウ/ローラ・エレーラ
【解説】
あまりの残酷描写から世界中で公開中止が相次ぎ、公開された映画館では入場の際に嘔吐してもいいように”嘔吐用バッグ”を渡したとされる伝説の超過激なスプラッター映画。日本初公開。
今回はオリジナルのスペイン版ではなく、版権を買い、新たに再編集し、作り替えた米国再編集版。
再編集を行ったのは「レディ・フランケンシュタイン」(71)の原作者ディック・ランドール。
本来のタイトル『殺人者の一週間』だが、英国公開の際に"殺人者"が屠畜場の労働者を表しているかのように誤解されると、問題になり『ハンニバル・マン』となった。
近親相姦、同性愛、猟奇的連続殺人等、多くの過激シーンが話題になった。
【物語】
屠畜場で毎日、牛を殺す事を生業にする事にしたマルコスは一週間後、恋人を送る為に乗り込んだタクシーで運転手とイザコザを起こしてしまう。これをきっかけにマルコスは人をまるで牛でも殺すかのように惨殺を始めるようになる。そして・・。

出演者
稲森 誠
大木 ミノル
高橋 裕之
山田 敏貴
運営元
有限会社フォワード/AMiエンターティメント

映画が丸ごと1本みれちゃう! 有限会社フォワードと WHDジャパンが提供する映画を無料放送! しかも、頼んでもいないのに無理やり解説、いや、ツッコミを入れて放送しちゃう。 トンデモない番組が登場。その …