グランドソフトボール競技のルール動画です。

ルールについて

●視覚障害者の団体競技で、グランドソフトボールの競技規則に
 ない一部分をソフトボールのルールで準用しています。
 全盲選手と弱視選手が同時にプレーします。

●全盲選手のピッチャーが、
弱視選手のキャッチャーの手を叩く
音を頼りにボールを転がして投球し、
そのボールを打者がバットで打ちます。

●人数
・1チーム10名
・そのうち、4名以上は全盲選手です。
・ソフトボールにない守備位置として、右遊撃手があります。

●全盲選手
・ユニホームの両袖に赤布腕章をつけています。
・競技中、アイシェードをしてプレーします。
・投手と右遊撃手は、全盲選手となります。

●弱視選手
・捕手と左遊撃手は、弱視選手となります。
・弱視遊撃手は幅10cmの黄色腕章を左袖につけています。

●その他
・全盲選手が走塁した際の野手との
 接触を避けるため「守備ベース」と
 「走塁ベース」があります。

・マウンドにある半径1.5mの円内を
 試合停止圏とします。
 →その円内にボールを持ち込めば、
   試合はストップします。

・黄色帽子の人は、コーチャーです。

・全盲選手と弱視選手とで異なるルールを適用して、全盲選手が弱視 
 選手となるべく同じような条件で競技ができるよう配慮されています。
 (一例)打球が動いている間に全盲野手が体内捕球すると
    フライアウトになります。

カテゴリ
スポーツ
運営元
公益社団法人 東京都障害者スポーツ協会