11月27日(日) -

2016 日本ゴールボール選手権大会 決勝戦を生中継!

▼出演者
実況:磯部 恵美(フリーアナウンサー)
解説:近藤 和夫(一般社団法人日本ゴールボール協会 専務理事)
    樫 尚史(一般社団法人日本ゴールボール協会 事務局長)

---------------------------
○ゴールボールとは
ゴールボール競技は、アイシェード(目隠し)を着用した1チーム3名のプレーヤー同士が、コート内で鈴入りボール(1.25kg)を転がすように
投球し合って味方のゴールを防御しながら相手ゴールにボールを入れることにより得点し、一定時間内の得点の多少により勝敗を決するものです。

○試合時間
・正規時間(レギュラータイム):12分ハーフ(前半12分・後半12分)、ハーフタイム3分
・延長戦(オーバータイム):正規時間内で同点の場合は延長戦を行う。3分ハーフ(前半3分・後半3分)、ハーフタイム3分のゴールデンゴール方式(どちらかが得点した時点で終了)で行う。
・エクストラスロー:延長戦でも決着がつかない場合は、1対1のエクストラスローで勝敗を決める。

○使用する競技用具
 (1)ゴール...高さ1.3m×幅9メートル
 (2)ボール...重さ1.25kg×周囲76cm(バスケットボールとほぼ同じ大きさ)
 (3)アイシェード...スキーのゴーグルタイプで、完全に見えない。また目を保護します。
 (4)ライン...幅5cmのラインテープの下に、たこひもを通します。

その他ルールの詳細については、こちらをご覧ください→http://www.jgba.jp/goalball.html

協力:一般社団法人日本ゴールボール協会

「見えないけど感じる。みんなの声援が選手に響く。」
是非、ご覧ください!

カテゴリ
スポーツ
運営元
公益社団法人 東京都障害者スポーツ協会