この番組の公開は終了しました

詳細→ http://www.gef.or.jp/news/event/20170913climatesympo/
気候変動は、すでに存在しているリスクを増幅し、自然及び人間システムにとって新たなリスクを引き起こしています。さらに、貧困や、内戦などの暴力的紛争のリスクにも間接的に影響を与える可能性も指摘されています。

本シンポジウムでは、気候変動によるリスクを、社会的・経済的脆弱性などさまざまな観点から考えます。気候変動によるリスクには、自然資源や生態系といった自然システムと、エネルギーや食糧の供給や国境を越えた人の移動といった人間システムの双方への影響が含まれます。

パネルディスカッションでは、リスクに対処するために、緩和策あるいは適応策としてどのようなリスク・マネジメントが検討されているのか、またその効果的な実施を通じて持続可能な開発を実現していくために、私たちがなにをできるのかについて、議論します。

登壇者として、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の副議長を始め、科学と私たちをつなぐ環境コミュニケーターとして気象キャスター、安全保障の側面から地域情勢や外交政策の分野に携わる専門家、次世代の代表の方々をお招きしています。

シンポジウム概要

【日 時】2017年9月13日(水) 13:00~17:35(開場 12:15)
【場 所】千代田放送会館2Fホール(東京都千代田区紀尾井町1-1)
【アクセス】永田町駅から徒歩3分/麹町駅から徒歩5分/赤坂見附駅から徒歩9分/四谷駅から徒歩12分
【定 員】200名(事前申込み制)
【参 加】無料

【主 催】環境省・外務省・国連広報センター

*同時通訳(日本語・英語)あり

カテゴリ
社会・言論
運営元
(一財)地球・人間環境フォーラム
シンポジウム 地球を見守る宇宙の眼チャンネルのアイコン

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」は、二酸化炭素やメタンといった温室効果ガスの観測を主目的とした世界初の人工衛星です。「いぶき」プロジェクトは、環境省、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA …