再生開始位置が設定されています

この番組の公開は終了しました

スペシャルセッション - Workplace Innovation Platform(ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム)〜 FileMaker の新しいカテゴリー

視聴数24
2018年11月7日(水) -

S-2 初級 中級 上級

FileMaker, Inc. プラットフォームエバンジェリズム担当ディレクター アンドリュー・ルケイツ(Andrew LeCates)

これまで FileMaker はパーソナルデータベース、デスクトップデータベース・ソフトウェア、生産性向上アプリケーション、RDBMS、高速アプリケーション開発ツール、ローコード・ノーコード開発プラットフォームなど、機能の追加や規模の拡張につれて、様々なカテゴリーを変遷してきました。

当社ではこのたび FileMaker の位置付けを次のように再定義し、「Workplace Innovation Platform(ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム)」という新たなカテゴリーに分類することにしました。

ファイルメーカー社は、数人から数百人のチームに適した FileMaker プラットフォームを提供します。
FileMaker プラットフォームは、アプライアンス App(特定の機能や用途に特化した App )や全社システムでは解決できない、型にはまった仕事のやり方を改革しようとするチームの人々を支援します。
FileMaker プラットフォームではあらゆる人が強力で高度なテクノロジーを活用できます。
各組織固有の問題がたとえビジネスに合わせて変化しても迅速に解決できます。
このセッションでは、FileMaker, Inc.にて本件の担当ディレクターを務めるアンドリュー・ルケイツが、日本のお客様や開発者の皆様に向けてさらに詳しく「Workplace Innovation Platform(ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム)」についてご説明します。

カテゴリ
情報
運営元
ファイルメーカー株式会社