再生開始位置が設定されています

C-7 お客様事例
インハウス開発で簡単見える化〜印刷会社での収益改善事例〜
大東印刷工業株式会社 第一営業部業務課課長兼第二営業部企画営業課課長 中島 章裕

情報伝達の担い手である印刷メディア製造は高品質で短納期、低価格が必須とされています。そして完全受注型産業のため計画生産が非常に困難です。そのような経営環境の中では収益率を高めることも非常に困難です。大東印刷工業は1997年にこの困難に立ち向かう決意をし、FileMakerプラットフォームの採用をしました。市場規模のシュリンクが続く中、経営環境の変化に合わせたインハウス開発の歩みは結果として「見える化」を実現しました。このセッションでは「見える化」の実現が経営にどの様なインパクトを与え、大東印刷工業の発展に寄与したかをお伝えいたします。

カテゴリ
情報
運営元
ファイルメーカー株式会社