ツール・ド・熊野2019 第3ステージ 太地半島周回コース(104.3km)

視聴数1,739
6月2日(日) -

最終日となる太地半島コースは熊野灘に突き出した太地の町。日本の捕鯨の歴史とともに歩んできた。
黒潮に洗われ、温暖な気候に恵まれたこのあたりは、熱帯植物のヤシやシュロの緑が風にゆれる観光地としてにぎわう。
太地半島を周回するコースは、潮風を体いっぱいに感じながら走る快適なイメージはまったくない。
今年は今までのコースとは違い、新たなルートを通るコース。くじら浜公園前をスタートし太地港、梶取崎を通り、太地小学校前を左折し新たな道を通るコースとなり本当の意味での太地半島一周というコースになっている。太地港からの登り坂や、太地小学校前では、急な下りのヘアピンカーブなど、周回ながら変化に富み、けっして侮れないコースが選手たちを待ち受ける。
町をあげての応援はすっかり定着しており、歯をくいしばって走り抜ける選手たちにとっては心強い。
捕鯨とロードレース。時代も違えば、目的も違うが、熱い血をたぎらせるという点では同じか?ともかく、選手たちの息遣いを間近で感じ取れるほど、選手と観客が一体となれるのがこのコースの魅力なのかもしれない。

カテゴリ
スポーツ
運営元
(株)ロックオン

このチャンネルは2016年FRSH!アワードスポーツ部門を受賞したフォロワー数1万7千人を超えるFRESH!最大の自転車専門チャンネルです。 2018年は紀伊半島の雄大な自然を駆け抜けるツールド熊野、 …