再生開始位置が設定されています

現在のVRのシンギュラリティを起こしたイノベーター、パルマーラッキーとアダルトVRの会の会長、サメジ部長をパネリストに迎え、アダルトVRのこれからの行方についてトークします。

パネリスト:
・OculusVR ファウンダー パルマーラッキー
・「アダルトVRの会」会長 サメジ部長
・AVRS副事務局長 早稲田

タイムキーパー(進行):
・AVRS事務局長 長谷川
動画撮影:
 ロク助

アダルトVRと言うと、多くの人はDMMVRとして売られている、周囲が見回せる3D動画のことを思い浮かべると思いますが、実はあの動画は、VR学会で提唱されている、VRであるための「AIPの三要件(Autonomy(自律性)、Interaction(対話性)、Presence(臨場感)」のうちの一つ、Pしか満たしておらず、現在出回っている実写アダルトVR動画というのは0.3VRくらいのVRと言わざるを得ません。

現在のVRデバイスは、発端を開いたOculusVRがアダルトをNGとするfacebook社に買収されたため、アダルトコンテンツは公式VRストアで取り扱ってもらえず、「胸より上と顔の前で起きること」ばかりをテーマに進歩してきましたが、案の定、全方位へのバランスを欠いた発展の結果、次の世代へうまく進むことができず停滞しており、とりあえず今の方向性に次の進化が訪れるのは5G回線の普及開始によりモバイルデータ通信帯域が現在の100倍になる2年後以降、決定的な進化が見られるのは2020年夏の東京オリンピックに合わせてとされています。

そんな停滞を打破する鍵が、これまで無視してきた「胸より下、体の後ろまで含めた残りの全方向」の部分であるアダルトVRにあると考え、インタラクションボディ、力覚グローブ、匂いデバイスなど、他国と異なる体感デバイスが「既に実物として存在する」(←ここが重要)日本から、VRの未来を切り拓いていこうとしています。

ディスカッションテーマ
1世界のアダルトVR市場についてどう思うか? 15分
 (世界/日本それぞれについて)
2VR市場発展のためにはどのようなシステムが必要か? 15分
 (ハード面とソフト面それぞれについて)
3究極のアダルトVRデバイスは人間では? 15分
4質疑応答 15分

出演者
パルマーラッキー
サメジ部長
AVRS副事務局長 早稲田
カテゴリ
情報
運営元
CoreRare
AKIHABARAチャンネルチャンネルのアイコン

秋葉原の情報番組や秋葉原コンテンツの配信 オタクカルチャー向けの番組など配信していくチャンネル ■アキバブロードキャスターのササキチが秋葉原の情報やネタを紹介!する番組 『AKIBA LOGIN』 …